カザフスタン共和国セメイ市訪問

ナシムは、2010年8月24日から9月1日まで、カザフスタン セミパラチンスク市を訪問しました。ナシムは1993年からチェルノブイリ原発事故周辺諸国及び旧ソ連の核実験場のあったカザフスタン共和国から医師等を招き、放射線被ばく医療の研修を実施するとともに、医学教科書などを寄贈してきました。
この度、これまでの医療協力の成果を検証し、受け入れ研修を行った医師等に対して、現地で事後指導を行うとともに関係機関を訪問し、今後の支援・共同研究のあり方について意見交換を行いました。セメイの街並と訪問の様子をお知らせします。

プレスカンファレンス会場にて

セミパラチンスク核実験場は、旧ソビエト連邦の核実験場のひとつでした。カザフ共和国(現カザフスタン)の北東部、セミパラチンスク市(セメイ市)の西方150kmの草原地帯にあり、面積は約18,000km2(四国の面積にほぼ等しい)で、当時世界で第2位の規模を誇っていました。ここで、1949年から1989年の間に合計456回の核実験が行われ、最初の核実験からちょうど42年目にあたる1991年8月29日に、この核実験場は正式に閉鎖されました。


大きな地図で見る


写真はクリックすると、拡大表示されます。説明も表示されます。
空撮1 散在する池、干上がって白く見えるのは塩? 空撮2 月面の様。 空撮3 川の向こうにカザフの街が見えてきます。 空撮4 川の手前の丸い緑。実験農場でしょうか?街の何人かに聞いてみましたが、わかりませんでした。
空撮5 イリティッシュ川の両側に広がるセミパラチンスク(セメイ)の街並み。 空撮6 着陸数分前。イリティッシュ川にかかる日本橋が見えます。 セメイ州立医科大学長 トレバイ・ラヒンベコフ氏(右から二人目)贈呈した「長崎の鐘」を、平和の象徴として、とても喜んでくださいました。 表敬訪問2<br />
セメイ診断センター長 ジャナット・モルタガリエバ氏(中央)
表敬訪問3 セメイ市副市長 ツシベコフ氏(右側手前から二人目、この模様は、カザフスタン国内テレビ報道されました。) 記者会見1 国際学会 the Ⅵ International scientific-practical conference【ECOLOGY.RADIATION.HEALTH】開催に先立つセメイ州立医科大学・長崎大学・NASHIM合同記者会見 記者会見2 会場には、アメリカ、ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、チリ、アイルランドの7カ国9社から記者が集まりました。 核実験場犠牲者記念碑
高さ10数メートルの碑の足元には、子供をその膝に抱いて守る女性の像が置かれています。 献花式(セメイ州立医科大学主催) 献花する柴田教授 8月29日は、核実験の開始日、そして終結の日でもあります。2010年、国連によって8月29日が世界核廃絶の日と制定されました。この前日に開催された学会の主な参加者が、この記念碑に献花し、黙祷を捧げました。
学会1 学会2 学会3 学会4 長崎からの派遣団 (左から 長崎大学大学院 医歯薬学総合研究科 原爆後障害医療研究施設分子医療部門 分子診断学研究分野 特任教授 柴田義貞・長崎県庁 原爆被爆者援護課 課長補佐 栗須光子・長崎大学病院 永井隆記念国際ヒバクシャ医療センター  助教 熊谷敦史・長崎大学COE研究員 ジャンナ・ムサジャノワ
インタビューを受ける柴田教授 学会6 座長を務める柴田教授(写真左)・コーディネーターを務めるセメイ州立医科大学長(写真中央)<br />
・学会の通訳(英露)は2008年度NASHIM研修生のアルマ・ヌルタジナさん(写真右)がされました。 第10回長崎国際医学生奨励賞授賞式 学会8 この賞は、セメイ州立医科大学の成績優秀者に対して贈られる長崎大学医学部からの賞です。
学会9 柴田教授から、学会に集まったロシア・カザフスタンからの聴衆に対して、長崎大学が世界各国で取り組んでいる放射線の健康影響に関する研究についての講演が行われました。 学会10 NASHIMからの挨拶 学会11 第1回長崎国際医学生奨励賞受賞者アイヌール・アキルジャノワさんの研究発表 学会12 午後の部、第1分科会の座長を務める熊谷助教
学会13 座長を務める熊谷助教 学会14 最終セッションで座長を務める柴田教授・学長・熊谷助教 学会15 最後に主な学会参加者の集合写真です。 セメイ市庁舎
セメイの街1(長く廃校となっていた美術学校がこのほど改修して再開されることとなり工事中) セメイの街2 セメイの街3 セメイの街4
長崎大学とかねて共同研究をすすめてきた東カザフスタン州情報解析センター長のエンセバエフ氏との研究協議 セメイがんセンター 放射線治療部門 がんセンター医療機器1 ICUの血液検査機器 がんセンター医療機器2 X線透視検査機器
がんセンター医療機器3 超音波検査機器 がんセンター医療機器4 病理部の機器(長崎と同じ機種が導入され、長崎で学んだことがすぐ活かせるようになっています) がんセンター医療機器4 病理組織診・細胞診・教育用の顕微鏡。<br />
これを用いてカザフスタン全土の病理医にNASHIMで学んだ特殊染色による診断法を教えている。 がんセンター医療機器5 顕微鏡背面のJICAマーク。
がんセンター医療機器6 手術室 がんセンター医療機器7 放射線部門のγ線治療機器 がんセンター医療機器8 放射線部門のγ線治療関連機器(治療前にプログラム設定する機械)  セメイがんセンター長 マラート・サンダバエフ氏(左から二人目、右端は2007年度NASHIM研修生で副センター長 アディルジャン・マサディコフ氏)表敬訪問。これらの医療機器は、JICAプログラム(セミパラチンスク地域医療改善、2000年7月~2005年6月)により、日本からカザフスタンに贈られた医療機器が数多く活躍しています。長崎で最先端の医療技術を学んだナシム研修生達は、これらの医療機器を活用するとともに、その知識や秘術をカザフスタンの医療関係者に広く伝えています。
セメイ郊外の風景1 セメイ郊外の風景2 セメイ郊外の風景3 草原の中に突如現れるイスラム様式の墓地 研修生との意見交換会1
研修生との意見交換会2 セメイ州立医科大学入学式で式辞を述べる柴田教授1 セメイ州立医科大学入学式で式辞を述べる柴田教授2 セメイ空港 今回のカザフ滞在の全期間を通じてご支援してくださった皆さま、ほんとうにありがとうございました。
←前のページへ戻る