ナシムの事業概要

長崎・ヒバクシャ医療国際協力会(NASHIM)は、被爆者医療に従事する人材の育成、ヒバクシャ医療の継承、情報の共有化を目指して様々な事業に取り組んでいます。

後継者育成の取り組み

ヒバクシャ医療協力を通じての国際貢献と平和希求の精神を継承する後継者を育成するための事業を実施しています。

講演会の開催、事業紹介パネル展を開催

ヒバクシャ医療や放射線に対する正しい知識の普及と長崎原爆の実相を紹介するため、一般市民向けの、シンポジウムや講演会、写真展を開催しています。またヒバクシャ医療に関する国際協力の意義と必要性を啓発するためのNASHIMの事業紹介パネル展も開催しています。


啓発図書の作成

ヒバクシャ医療や放射線についての知識普及のために、『放射線Q&A』や諸外国の放射能関係事故の邦訳本、外国向けの長崎原爆関係図書の英翻本などを出版しています。

永井隆平和記念・長崎賞の授与

永井先生の崇高な平和希求の精神を受け継ぎ、ヒバクシャ医療の向上・発展、ヒバクシャの福祉の向上を通じ世界平和に貢献した国内外の個人や団体を顕彰しています。

詳細は、こちらのページでご覧ください。

 


人材育成の取り組み | ヒバクシャ医療情報の受発信